ナイーブな音楽で

来月、2人のスイス人作曲家による、ギタートリオのための作品を弾く。ひとつはベアート・フューラー(Beat Furrer)という人の「...y una canción deseperada (...そしてひとつの絶望の歌)(1986)」という作品で、このタイトルはチリの詩人パブロ・ネルーダの詩集「20の愛の詩と1つの絶望の歌」からとられている。もうひとつはアルフレッド・シュヴァイツァー(Alfred Schweizer)という人の「Das Jahr in naiver Musik(ナイーブな音楽でつづる一年)(1989)」というシリーズ作品で、その名の通り月の名前があてられた作品が12曲あり、私が弾くのは「März(3月)」。2曲とも私は知らなかったのだけれど、今回の企画者から「とてもいい曲なんだよ」というメールをもらった。そうなんだ、じゃあやってみよう、と思いOKした。

「そしてひとつの絶望の歌」は3人それぞれ四分音などを使い別々のチューニングで演奏する。ハーモニクスがたくさん出てきて、「3フレットから6ミリ右」とか「2フレットから5ミリ左」を押さえて出すよう指示されている。なんだか深海魚になったみたいな気になる曲だな、と思った。実際に合わせてみると違和感なく聴こえ、そして妙にクセになる曲だった。ちなみにタイトルのネルーダの詩については言うまでもないことなのだろうが、ネット上でこの詩集の15番目の詩(Poem15)の日本語訳を読んだ時、あまりの美しさに呆然としてしまった(ああでも私が弾くのは絶望の歌のほうだから、と自分に言い聞かせ、ようやく我に返った)。そして、自分がこの曲に対してイメージしていたものが全然違っていたことに気づかされた。

「3月」はミニマルミュージックの手法を使っている。16分音符の細かなモチーフが繰り返されながら少しずつ変化していく。はじめてこのモチーフを弾いたとき、「あ、綺麗だ」と思った。なんというか、さざ波のようだった。この作品はギター3台のための曲だが、楽譜は一つしかない。見開き4ページのスコアには左側に和音を含んだモチーフ、中央2ページに16分音符のミニマルなモチーフのグループ、右側に息の長いメロディ(歌)のモチーフが5種類ずつ用意されていて、演奏者はそれぞれ好きな場所から入り、別のモチーフへと移動して行く。どこをどう通って弾くか、演奏家同士あらかじめ約束しては「いけない」。演奏家に託されたこの部分的な「あそび」はチャーミングかつスリルを伴う。この曲はまだ合わせていないのでどんな全体になるのかわからないが、毎回自分で「さて、今日はどこに行こうかな」と考えるのは楽しい。そして何より和声が綺麗だ。

二つの作品のタイプは全然違うが、どちらも弾いていくにつれて「こういうのも、ありだよね」という気分にさせられる。いろんな考えがあるよね、と気付かされる。自分一人で想像できることって、たぶんどこかに限界がある。だから時々その境界線をぱかっと外してくれるものに出会えるのは、もしかしたらとてもありがたいことなのかもしれない。

リロンちゃん

理論の本が好きだ。

一番好きなのは『ポピュラー音楽のための基礎理論&問題集〜新音楽理論ワークブック』(北川祐・編著、株式会社リットーミュージック)で、そのむかし江部賢一先生に「ポピュラー理論について学びたいんです」と言ったとき「この本を買いなさい」と勧めていただいた。1994年に初版が発売されてからロングセラーとして愛されてきた本だそうで、私が持っているものは2000年に発刊された第2版(上下2冊)。基本的な楽典から最終的には教会旋法(チャーチモード)を含む「コード・スケールの考え方」が学べる。簡潔かつ明解な解説で、各テーマの終わりに出てくる問題のページが素晴らしい。ストイックなまでにひたすら音符やコードネームを書き込んでいくのだが、自分で書いていくうちに、だんだん意味やパターンが分かってくるようにできている。また、どんなにややこしいテーマでも問題のページは片面1ページのみ、そしてページをぱっとめくるとすぐに答えが確認できるのも嬉しい。しかも時々ギタリスト用の問題も出てくる(←コードを「記譜音を最上声部として1〜4弦を使ったフォームで指板上に構成し、その構成音を音符で記入しなさい」とか)。スケールの指板図も入っている。答えをちゃんと書き込めるスペースが用意されているので無理なく書き込めるし、書き込んだ後は「自分はここまでやったぞ感」がけっこう出てくる。長いコードネームや教会旋法のしくみがわかった時、嬉しさのあまり大声で叫んで走りたくなった。

この本はワークブックだったが、読み物もいろいろある。古くからの知人でギターソロ曲も書いてくれた作曲家・侘美秀俊氏はなんとマンガで音楽理論について説明している。『マンガでわかる!音楽理論』(侘美秀俊・監修、坂本輝弥・マンガ、株式会社リットーミュージック)という本で、保育士を目指す女子大生「リロンちゃん」と、自称作・編曲家の「センセー」とのお話でストーリーが進められていく。完全8度を転回すると1度になる、ということに気づいたリロンちゃんに対するセンセーのセリフがすごい。「ロマンチックだろ?オクターブ中最も離れていた音たちが転回によりすぐ近くに!!遠いようで近いまるで君と君の友人のようではないか!!(本文より引用)」その後センセーは速攻リロンちゃんにツッコミを入れられてしまうのだが、言いたいことの意味はすごくわかる。そして、たとえがどうであれ理論を熱く語れるっていいなぁと思った。彼は他にも様々な理論書を執筆していて、読みやすい。ちなみに表紙のイラストでリロンちゃんが弾いている楽器はギターだ。

本ではないが、理論を深く理解し和声にいのちを与え、音を生きもののように扱える人といえば、私にとってはやはりギリア先生だ。作品の中にある一つひとつの音が劇場のように役割を持って配置され、生き生きと「事件」を起こしていく。時に大げさな表現で生徒に語るが、きちんと理論に基づいているので説得力がある。「いいかナナ、この曲では様々な音がおまえを振り落そうと襲いかかってくる。だがお前はこの核の音にしっかりつかまって進むんだ。振り落とされるんじゃないぞ!」と言われたことがある。和声進行が複雑に変化していくからどの音に重きを置いて、どうやって他の音とバランスをとるべきか、という話だったのだが、なんだか「人生みたいだな」と思った。音楽理論から学べることは、理論にとどまらない。

奥の深い音楽理論の世界で、私が知っていることはまだまだほんの一部だ。だからこれからもいろんな理論の本を読みたい。そしてこのドキドキワクワクな世界を自分なりの言葉で、生徒たちに伝えていきたい。 

侘美秀俊氏のその他の著書
https://www.amazon.co.jp/l/B004LUS0HK?_encoding=UTF8&redirectedFromKindleDbs=true&rfkd=1&shoppingPortalEnabled=true

La Guitarra Callada(静寂のギター)

おとといステファノ・グロンドーナ氏に会った。ブルクドルフというスイスの街で朝の10時半からコンサートがあり、早起きして行った。十数年ぶりに氏の演奏を聴いて感じたことは、彼の演奏が素敵なのはその特殊な爪の形がどうというよりも、一つひとつの音の響きが自分に帰ってくるのを待っていられる人だからなんじゃないかな、ということだった。たとえそこが教会のようには響かない会場であっても、それが「響く」ことをきちんと解っていて、それが自分に返ってきたときのバランスに合わせて次の音を出す。だからとても自然で、聴いていて気持ち良い。素晴らしい演奏だった。プログラムにはフロベルガー、スカルラッティ、グラナドス、そして武満徹の「すべては薄明のなかで」が入っていた。

武満の演奏が終わった時、一番前に座っていたおばあさんが隣のおばあさんに「へんてこな曲ね」と言った。決して意地悪で言ったのではなく、彼女は素直に自分の感想をとなりにいるお友達に伝えたかったのだと思う。だからないしょ話のようにできるだけ小さな声で喋ろうとしたのだけれど、息のたくさん入ったその声は会場中に聞こえてしまった。一瞬どきんとした。会場内で日本人は私一人だったこともあるのかもしれないが、とても好きな曲だったので、胸がぎゅっとするのを感じた。すると、私のとなりにいたオランダ人ギタリストがこれまた会場中にきこえる大きな声で「いや、タケミツは素晴らしいよ!」と言った。そして、起こったのはそれだけだった。私には、パンチパーマで大きな体の彼が普段より大きく感じたとともに、ああ、ここは違う意見を持った人が共存できるところなんだな、と思った。なんだか、すごく印象的だった。外から聞こえる鳥のさえずりとギターの音色が気持ちよかった。曲と曲の間で、グロンドーナ氏はにっこりと笑っていた。

終演後あいさつに行くと、氏は「I remember you!」と言った。すごい記憶力だな、と思うとともに、素直に嬉しかった。

翌日購入したCDをイヤホンで聴いた。“La Guitarra Callada(静寂のギター)“というタイトルで、中の文章も素敵だった。私はモンポウの「プレリュードVI」が一番好きだと思った。CDの、一人で何度でも聴ける贅沢と、空間全体がつくる一度かぎりの生演奏。どちらも素敵だと思った。そして、ほどよく皺の入った氏の写真を眺めながら、歳をとるってそんなに悪いことじゃないな、と思った。

十数年ぶりに会うことのできた氏と、その氏を通して会えた人たち。心から感謝したい。

ながい話

どうもギタリストは「好きになったらなんでも自分の楽器で弾いてみたくなる」傾向があるようだ。

「これをギターで弾いちゃうのかー!?」と思うような作品も、弾いてしまう。そこには彼、彼女の作品に対する並々ならぬ愛があり、「そうきたか!」と思わず膝をポンと叩きたくなる絶妙なアイデアに脱帽、そして感動する。

この傾向は今に始まったことではなく、昔からたくさんのギタリストが行ってきた。たぶん、行わずにはいられなかったのだろう。

そして、そういった作品も聴いて、新たにインスピレーションを受けた作曲家が今度はギターのための作品を書いてくれるようになった。

だから今、クラシックギターのレパートリーは幅広く、豊かだ。

オリジナルがギターのために書かれていない作品をあえてギターで弾く、とはどういうことだろうか?単純なことだが、まず、好きじゃなかったら弾かない。その作品を真剣に愛しているからこそ、取り組むのではないだろうか。

また、ひとつ興味深い話を聞かせてもらったことがある。以前現代の作曲家の方々が集まる会に参加させて頂いたことがあった。その中で一人の作曲家の方が、「ギターは(作曲家にとって)敷居の高い楽器でもあるんですよ」と語られた。どういうことかと言うと、ギターはこれだけ世間に広まっている楽器であり、その音に対するイメージは容易に出来るが、いざ作曲となると、6本の弦を19フレット(あるいはそれ以上)まで使えて、弦ごとのチューニングも変更可能であり、運指や特殊奏法など「実際に自身がギターを弾けないと書けない」要素が他の楽器の作品を書く場合と比べて多い、ということらしかった。

これは大変なことだと思った。ギタリストも作曲家も絶対にお互い助け合わなくちゃ!と思った。もし作曲家の方の頭の中で鳴っている音がギターの音であるのなら、ギタリストとしてはそれだけでものすごく嬉しい。だから「こんなことを考えているんだけど」と言われたら、ギタリストは必死に考えて、「こんな可能性もありますよ!」とアイデアを渡すと思う。

ギターという楽器の可能性を本気で信じている人達の、地道で笑っちゃうくらいひたむきな取り組みは、これからも続いていくのだと思う。そして私は、その長い歴史の一部でありたいと思う。

大きな木

来月母校のゼミで講義をします。私が学んだのは「早稲田大学教育学部教育学科社会教育専修」というところでした。長い名前ですが、ざっくり言うと「学校以外の教育」について考える専修で、「生涯学習」や「多文化教育」といったテーマの、私はほんの一部を学びました。不思議なもので大学を卒業してからの今の方が、このテーマについて考えることが多くなりました。

講義ではスイス・ベルン州立音楽学校のJEKI(イェキ)というプロジェクトについて紹介します。社会的に不利な環境にある子供たちを音楽のレッスンを通してインテグレーションさせていくプロジェクトで、これに関しては音楽学校が制作した紹介ビデオや、5年間にわたりベルン大学がその効果を調査した研究結果も出ています。プロジェクト全体を見渡すにはこの資料で十分なのですが、でも今回日本でこれらを紹介しただけでは何かが足りない気がしました。「外国で成功したプロジェクト」は、そのままのかたちでは他の国には導入できません。「国が違う」ということは長年培ってきたシステムも違い、そこで暮らしている人々のメンタリティもニーズも違います。一つのプロジェクトをみて、その中で良いと思ったアイデアを、自分たちが受け入れられるかたちに作り変えていく作業が必要になります。

なので今回お話させていただく内容は、プロジェクトの概要と、実際に自分がプロジェクトに関わるようになって感じたこと、そして全体ではなく、ここの一部分のこの要素はもしかしたら日本でも活かせるんじゃないか?といった、なんとも個人的で部分的なものです。講義というには至らない内容かもしれませんが、今の自分にできる範囲で紹介させていただこうと思っています。

写真の絵は平山郁夫「熊野路・古道」のレプリカ、数年前大学でお世話になった方から戴きました。私は学生時代キャンパスツアーガイドをしていたので、大学図書館にあるこの巨大な絵の下で、ツアーにいらした方にこの絵についてお話させて頂いていました。とても好きな絵だったのですが、その地肌はつるつるしていたのか、それともざらざらだったのかが、今どうしても思い出せません。森は全体を見なくてはいけないそうですが、来月大学に行ったら、遠くからではなく、ものすごく近くまで行って、レプリカでは見えないその地肌を、しっかり見てこようと思います。

 

トリ ヲ ハナツ

世田谷美術館での公演「かごの中の鳥」のチケット予約が開始した。ギターとヴァイオリン、そしてダンスによるプロジェクトで、「美術館」という「まもられていると同時にとらわれている空間」に音楽と踊りで空気の振動を与え、一瞬「鳥」を解放する、というコンセプトだ。今回の公演では同美術館で並行して造形ワークショップが行われる。「トリヲハナツ」というタイトルのこのワークショップ、はじめは「鳥かご作ろう」というタイトルだった(「雪だるまつくろう〜」みたいで楽しそうじゃん?とか思って提案してみた)。でも、今回ご一緒するダンサーの上村なおかさんと、ワークショップを担当されるNPO法人「まなびとくらし」代表・内野徹さんとの対談を通し、私が作りたいのは「カゴ」ではなく、実は「トリ」の方だったんだ、ということに気づかされた。「お三方が描く世界と別の次元で並行する世界のトリを作れたらいいなーと思っています。(内野徹氏コメント)」

「別の次元で並行する世界」って、いい言葉だな、と思った。クラシックギターはひとりで演奏できてしまう楽器である。それはそれでとても素敵なことなのだけれど、ときどき別の世界のそれぞれ独立した活動をしている人たちと共同作業ができるのはやっぱり嬉しい。知らない世界を見せてもらうのは勉強になるし、ワクワクする。

考えてみたらギターって鳥の巣箱みたいなカタチだ。外から一番見える表面板そのものと、一番見えない表面板の裏に、楽器の音色を左右する最大の秘密が隠されているギター。4月、私はこの箱からどんな鳥を放とうか。


「かごの中の鳥」公演詳細(3回公演)
4月20日(土)18:00
4月21日(日)13:00
4月21日(日)16:00

https://www.setagayaartmuseum.or.jp/event/detail.php?id=ev00890

公演チケット予約:オンライン予約(https://www.quartet-online.net/ticket/nightshade)または世田谷美術館03-3415-6011 (10:00-18:00月曜休。ただし月曜日が祝休日の場合は翌火曜日休)にてお電話でもご予約頂けます。

 

「トリヲハナツ」ワークショップ詳細

https://www.setagayaartmuseum.or.jp/event/detail.php?id=ev00891&fbclid=IwAR2SlTuT24g4z8GRPEa804O...

ワークショップ申し込み先:nightshadeconnect@gmail.com または世田谷美術館03-3415-6011にてお電話でもお申し込み頂けます。

Go! Go! GUITAR

『Go! Go! Guitar』というギター少年&少女のための月刊誌が休刊になる。株式会社ヤマハミュージックメディアから20年間にわたり出版されてきたアコギ(アコースティックギター)&エレキ初心者向けの雑誌で、この雑誌が創刊された当時、ちょうど私はこの会社にバイトとして拾ってもらい、J-Popの耳コピなどの仕事をしながら採譜の仕方やコード進行その他数多くのことを学ばせて頂き、それはそれはお世話になっていた。この雑誌が休刊になるのは寂しい。

『Go! Go! GUITAR』2代目&5代目編集長として12年間この雑誌と関わってきたステキ女性はやしあつこさんの言葉を以下引用する。「〜でも、楽器を世界にむけて作って売ってるYという会社ですし、絶対に入門者向けの媒体が持つ使命があるはず!と信じてしつこく『Go! Go! GUITAR』という生き物をなんらかのスタイルで蘇生させられるようにチマチマこつこつやっていきます。(彼女のFB投稿より)」

人生何がどうなってギター、そしてクラシックギターにたどり着くかわからない。バーゼル音楽院に留学して入ったオスカー・ギリアクラスのギタリスト仲間達と「なんでクラシックギターを始めたか?」という話になったことがあるが、「子供の頃エレキギターがやりたい、って親に言ったら『まずはクラシックギターから始めなさい』って言われて、気がついたらそのままになっちゃったんだ。あっはっは!」と笑いながら語るギタリスト男子は結構多かった。結局みんなジャンルに関係なくギターが好きになっちゃったのね笑、と思うと同時に、この人たちがもしはじめにエレキとか他のジャンルのギターに魅力を感じていなかったら、いまこの素晴らしいクラシックギタリスト達は存在しなかったんだな、とも思った。

クラシックギターもフラメンコギターもアコギもエレキも、決してジャンルごとにバラバラに生きているわけではなく、お互いにちょっとずつ影響しあっている気がする。クラシックギター作品の中にもエレキの要素は入ってくるし、エレキギターでクラシックギターのレパートリーから速いフレーズを弾くことがカッコいいと思われることだってある。お互いの垣根が低い、というのはギターの強みかもしれない。演奏している人自身が他ジャンルに寛容なのは、ギターが発展していくなかでずいぶん大事なことだったんじゃないかな、と思う。そう思うと、近い将来「ギターを始めたのは『Go! Go! GUITAR』を手にしたのがきっかけで」なんて言うクラシックギタリストが現れても、そんなに違和感ないかもしれない。

何事もきっかけがなくちゃ始まらない。静かにアツい未来のギタリストのためにも、「入門者向けの媒体が持つ使命」を持って再びこの「生き物」が蘇ることを心から祈っています。

https://www.ymm.co.jp/magazine/guitar/

小さな世界

ベルン州立音楽学校のギター講師は多国籍だ。クラシックギタリストは8名いて、ドイツ語圏スイス出身者が1名、フランス語圏スイス出身者が2名、イタリア人、ペルー人、レバノン人、チェコ人、そして私が日本人で1名(ちなみに音楽学校全体では現在136名の講師が働いており、アジア人は私も含め5人いる)。毎回ゼメスターのはじめにギタークラス講師だけの会議があり、それぞれが対等な立場で意見を出し合う。 そこでは年齢も、性別も国籍も関係ない。お互いをリスペクトしながら相手と異なる意見でも臆することなく言うことができるこの環境を、とても「大人だな」と思った。世界は広くて、一つじゃない。全然「同じ」じゃない。たった8名のこんな小さな世界でも、一人ひとりのバックグラウンドはまるで違う。そういうとき、この「違う人」たちが「対等な立場で話せる環境」がとても大切な気がする。そしてこの一定のニュートラルな環境がうまく作られると、一人で考えていたときよりずっと面白いアイデアが生まれる気がする。今月ギタークラス合同で “VielsAitig“ というコンサートを行う。Vielseitig(多様な)とSaite(弦)という2つの単語をかけ合わせたタイトルで、イタリア出身の同僚が考えた言葉。新しいタイトルの合同プロジェクト、素敵なものにしていきたい。
http://www.konsibern.ch/veranstaltungen/veranstaltungskalender/

とまり木コース

「大人向けの講座を作らない?」と音楽学校のセクレタリーにきかれ「Neues Leben für die Gitarre!」という講座を作った。「もう一度ギターに命を吹き込もう!」みたいな意味で、昔ギターを習った、あるいは弾いたことがあり、何らかの理由でやめたけれど、もう一度ギターを弾いてみたい、という人を対象にしている。3〜5人のグループで回数は4、5回。ジャンルの違った2つの作品を提示し、それぞれができることを選んで一緒に演奏する。途中ごく簡単なテクニック練習も含める。このコースの目的はアンサンブルグループを作ることではない。回数も5回までとし、それ以降は次のコースを続けてもいいが同じ作品は扱わない。「ギターをもう一度やってみようかな?」と思った人が限られた時間の中、小さなグループの中で弾いてみて、「じゃあ(次は)どうしたい?」と考えるきっかけに(つまり「とまり木」のような存在として)使ってくれれば良いと思う。まだ試行錯誤だが、自分の出来る限りサポートしていこうと思っている。だって、もう一度戻ってくる、っていうことは、ギターが本当に好きだってことでしょう?
http://www.konsibern.ch/angebot/kurse/musikkurse-fuer-erwachsene/

ウサギのFridolin(フリドリン)

スイス・ドイツ語圏でよく使われている子供向けのギター教本に「Fridolin」という本がある。対象年齢は6才〜11才くらいまで、はじめはやさしい童謡が中心だが、教えていく内容が段階的で構成がしっかりしている(メロディと伴奏がどちらも単旋律で書かれた小さな曲がたくさんあり、ここでアポヤンドとアルアイレを学んだ後、2声の練習、第2ポジションでの演奏、簡単なコード伴奏へと入っていく)。ところどころに出てくる基礎的な音楽用語の解説もきちんとしていてわかりやすい。2巻目に入るとソル・カルリなどクラシックレパートリーの美しい小品が入ってくる。同時にポップ調な作品もあるので子供たちはどちらも抵抗なく習得していく。直結でプロの道に行く子用ではないかもしれない。でも、「ギターって楽しいね」と思える子供たちの層を広げるには、こういった教材にも意味があるように感じる。
https://www.guitarwebshop.com/navi.php?qs=fridolin

Jeki

私がギターを教えているベルン州立音楽学校(Musikschule Konservatorium Bern)では、通常レッスンの他にJekiというプロジェクトが行われている。Jekiとは「Jedem Kind ein Instrument(一人ひとりの子供たちに楽器を)」という意味。ベルン市内の特定の地域の小学3・4年生を対象にしたプロジェクトで、1・2年生で歌を習ったあと、こども達は2年間、自分で選んだ楽器のレッスンを2人ないし3人という少人数グループで音楽学校の講師から受けることができる。財団の支援があり楽器は無償で貸し出される。

7年前から始められたこのプロジェクトに、今学期から私も加わることになった。新しく来た男の子に「どこから来たの?」と聞いたら、「お父さんとお母さんはエリトリアから来ました。でも僕の言葉はドイツ語です」と言った。「エリトリア出身のギタリスト」と聞いて何の違和感もなくなるまで、このプロジェクトが続けば良いと思った。

Jeki Bern紹介映像(英語字幕付):https://www.youtube.com/watch?v=3WfrlGvi4e0

ギターができるところ

夫のことを書きます(月1でブログ更新する、って宣言したのに書くことが思いつかないんだよ、と言ったら「じゃ自分のこと書いたら?」と提案して頂きました・・汗)。Christoph Borterはスイス人ギタリストで(2000年ベルギー「ギターの春2000」優勝)、ギターも製作します。作業部屋の壁にきちんと並べられた道具を眺めていると、ああ明らかに自分とは性格が違うな、と思います。一つひとつの道具を駆使して、たまに気が遠くなるような作業もして出来上がるギターを見るのは(側から見る分には気楽なので)ワクワクします。今年6月、スイスのBulleでスイス人ギター製作家による複数のギターの弾き比べコンサートがありました。彼のギターが一番良いと思いました。http://www.christophborter.ch/

ガット弦

IMG_2281JPG音楽学校の同僚ギタリストで素晴らしいウード奏者のMahmoud Trukmani氏が、ガット弦の心得を教えてくれました。「いいかナナ、はじめの一週間は幻滅するぞ。爪がボロボロになるし指の皮が厚くなるまで痛い。弾き方も変えなきゃダメだ。セット弦の中でたいてい1、2本は使えない。で、一ヶ月後にようやく自分はガット弦が好きか嫌いかがわかるんだ」とのこと。なんか、使う前から緊張しますが笑、自分の持っているトーレスモデルのギターChristopher Deanに張りました。ヴァイオリンの鉄弦をガット弦に張り替えた時のようなセンセーショナルな体験は出来ないかもしれないけれど、とりあえず一ヶ月試します。