Go! Go! GUITAR

『Go! Go! Guitar』というギター少年&少女のための月刊誌が休刊になる。株式会社ヤマハミュージックメディアから20年間にわたり出版されてきたアコギ(アコースティックギター)&エレキ初心者向けの雑誌で、この雑誌が創刊された当時、ちょうど私はこの会社にバイトとして拾ってもらい、J-Popの耳コピなどの仕事をしながら採譜の仕方やコード進行その他数多くのことを学ばせて頂き、それはそれはお世話になっていた。この雑誌が休刊になるのは寂しい。

『Go! Go! GUITAR』2代目&5代目編集長として12年間この雑誌と関わってきたステキ女性はやしあつこさんの言葉を以下引用する。「〜でも、楽器を世界にむけて作って売ってるYという会社ですし、絶対に入門者向けの媒体が持つ使命があるはず!と信じてしつこく『Go! Go! GUITAR』という生き物をなんらかのスタイルで蘇生させられるようにチマチマこつこつやっていきます。(彼女のFB投稿より)」

人生何がどうなってギター、そしてクラシックギターにたどり着くかわからない。バーゼル音楽院に留学して入ったオスカー・ギリアクラスのギタリスト仲間達と「なんでクラシックギターを始めたか?」という話になったことがあるが、「子供の頃エレキギターがやりたい、って親に言ったら『まずはクラシックギターから始めなさい』って言われて、気がついたらそのままになっちゃったんだ。あっはっは!」と笑いながら語るギタリスト男子は結構多かった。結局みんなジャンルに関係なくギターが好きになっちゃったのね笑、と思うと同時に、この人たちがもしはじめにエレキとか他のジャンルのギターに魅力を感じていなかったら、いまこの素晴らしいクラシックギタリスト達は存在しなかったんだな、とも思った。

クラシックギターもフラメンコギターもアコギもエレキも、決してジャンルごとにバラバラに生きているわけではなく、お互いにちょっとずつ影響しあっている気がする。クラシックギター作品の中にもエレキの要素は入ってくるし、エレキギターでクラシックギターのレパートリーから速いフレーズを弾くことがカッコいいと思われることだってある。お互いの垣根が低い、というのはギターの強みかもしれない。演奏している人自身が他ジャンルに寛容なのは、ギターが発展していくなかでずいぶん大事なことだったんじゃないかな、と思う。そう思うと、近い将来「ギターを始めたのは『Go! Go! GUITAR』を手にしたのがきっかけで」なんて言うクラシックギタリストが現れても、そんなに違和感ないかもしれない。

何事もきっかけがなくちゃ始まらない。静かにアツい未来のギタリストのためにも、「入門者向けの媒体が持つ使命」を持って再びこの「生き物」が蘇ることを心から祈っています。

https://www.ymm.co.jp/magazine/guitar/

小さな世界

ベルン州立音楽学校のギター講師は多国籍だ。クラシックギタリストは8名いて、ドイツ語圏スイス出身者が1名、フランス語圏スイス出身者が2名、イタリア人、ペルー人、レバノン人、チェコ人、そして私が日本人で1名(ちなみに音楽学校全体では現在136名の講師が働いており、アジア人は私も含め5人いる)。毎回ゼメスターのはじめにギタークラス講師だけの会議があり、それぞれが対等な立場で意見を出し合う。 そこでは年齢も、性別も国籍も関係ない。お互いをリスペクトしながら相手と異なる意見でも臆することなく言うことができるこの環境を、とても「大人だな」と思った。世界は広くて、一つじゃない。全然「同じ」じゃない。たった8名のこんな小さな世界でも、一人ひとりのバックグラウンドはまるで違う。そういうとき、この「違う人」たちが「対等な立場で話せる環境」がとても大切な気がする。そしてこの一定のニュートラルな環境がうまく作られると、一人で考えていたときよりずっと面白いアイデアが生まれる気がする。今月ギタークラス合同で “VielsAitig“ というコンサートを行う。Vielseitig(多様な)とSaite(弦)という2つの単語をかけ合わせたタイトルで、イタリア出身の同僚が考えた言葉。新しいタイトルの合同プロジェクト、素敵なものにしていきたい。
http://www.konsibern.ch/veranstaltungen/veranstaltungskalender/

とまり木コース

「大人向けの講座を作らない?」と音楽学校のセクレタリーにきかれ「Neues Leben für die Gitarre!」という講座を作った。「もう一度ギターに命を吹き込もう!」みたいな意味で、昔ギターを習った、あるいは弾いたことがあり、何らかの理由でやめたけれど、もう一度ギターを弾いてみたい、という人を対象にしている。3〜5人のグループで回数は4、5回。ジャンルの違った2つの作品を提示し、それぞれができることを選んで一緒に演奏する。途中ごく簡単なテクニック練習も含める。このコースの目的はアンサンブルグループを作ることではない。回数も5回までとし、それ以降は次のコースを続けてもいいが同じ作品は扱わない。「ギターをもう一度やってみようかな?」と思った人が限られた時間の中、小さなグループの中で弾いてみて、「じゃあ(次は)どうしたい?」と考えるきっかけに(つまり「とまり木」のような存在として)使ってくれれば良いと思う。まだ試行錯誤だが、自分の出来る限りサポートしていこうと思っている。だって、もう一度戻ってくる、っていうことは、ギターが本当に好きだってことでしょう?
http://www.konsibern.ch/angebot/kurse/musikkurse-fuer-erwachsene/

ウサギのFridolin(フリドリン)

スイス・ドイツ語圏でよく使われている子供向けのギター教本に「Fridolin」という本がある。対象年齢は6才〜11才くらいまで、はじめはやさしい童謡が中心だが、教えていく内容が段階的で構成がしっかりしている(メロディと伴奏がどちらも単旋律で書かれた小さな曲がたくさんあり、ここでアポヤンドとアルアイレを学んだ後、2声の練習、第2ポジションでの演奏、簡単なコード伴奏へと入っていく)。ところどころに出てくる基礎的な音楽用語の解説もきちんとしていてわかりやすい。2巻目に入るとソル・カルリなどクラシックレパートリーの美しい小品が入ってくる。同時にポップ調な作品もあるので子供たちはどちらも抵抗なく習得していく。直結でプロの道に行く子用ではないかもしれない。でも、「ギターって楽しいね」と思える子供たちの層を広げるには、こういった教材にも意味があるように感じる。
https://www.guitarwebshop.com/navi.php?qs=fridolin

Jeki

私がギターを教えているベルン州立音楽学校(Musikschule Konservatorium Bern)では、通常レッスンの他にJekiというプロジェクトが行われている。Jekiとは「Jedem Kind ein Instrument(一人ひとりの子供たちに楽器を)」という意味。ベルン市内の特定の地域の小学3・4年生を対象にしたプロジェクトで、1・2年生で歌を習ったあと、こども達は2年間、自分で選んだ楽器のレッスンを2人ないし3人という少人数グループで音楽学校の講師から受けることができる。財団の支援があり楽器は無償で貸し出される。

7年前から始められたこのプロジェクトに、今学期から私も加わることになった。新しく来た男の子に「どこから来たの?」と聞いたら、「お父さんとお母さんはエリトリアから来ました。でも僕の言葉はドイツ語です」と言った。「エリトリア出身のギタリスト」と聞いて何の違和感もなくなるまで、このプロジェクトが続けば良いと思った。

Jeki Bern紹介映像(英語字幕付):https://www.youtube.com/watch?v=3WfrlGvi4e0